千葉・神崎

千葉県で一番小さな町「神崎町」。

利根川沿いに位置する神崎町は、かつて舟運が盛んな頃には、酒、味噌、醤油などの蔵が建ち並ぶ発酵の里でした。そんな発酵文化も時代と共に廃れていき、いまでは酒蔵が2軒となってしまいましたが、

寺田本家やこうざき自然塾をはじめとした「発酵するみなさん」と共に「発酵の里こうざき」のまちづくりが始まっています。

ありがたいご縁をいただき、2010年より神崎町に古民家を借り受け、都市と農村をつなぐ拠点づくりを始め、2011年5月よりトージバが事務局を置くことになり「発酵の里こうざき」のまちづくりに参加しています。

 
トージバの事務局兼コミュニティ「発酵古民家 と〜じ舎」は、
築170年の古民家を手直ししながらスタッフと共に共同生活をしながら
自給農をベースに大工仕事や庭造り、バイオガスプラント、酵素風呂など
地域資源を生かした場づくりをしています。
 

より大きな地図で トージバ・発酵古民家「と〜じ舎」 を表示
 

発酵の里こうざき http://hakkou.org/

神崎町webサイト http://www.town.kozaki.chiba.jp/
 

◎ウーファー&ボランティアスタッフ募集!
半日の農作業などの労働と寝床と食事がバーターになるシステム(ウーフ)で運営しています。
様々な価値の方が入れ替わり立ち替わり訪れています。気軽にフラッと遊びに来てください〜。
その他、短期長期のボランティアスタッフも募集しています。詳しくはお問い合せください。

◎ゲストハウスとして泊まりだけも歓迎です

手伝いはしないで泊まりだけという方も歓迎です。1泊1000円、食事は自炊基本で1食500円です。
お気軽にお問い合せください。

●連絡先

発酵古民家 と〜じ舎
千葉県香取郡神崎町武田890
tel.0478-70-1353 npo@toziba.net 神澤則生

この記事のへのコメント&トラックバック

コメントは受け付けていません

このページの先頭へ