PARCコンポストトイレWS

PARC自由学校の「暮らしの達人に学ぶ!手仕事とサバイバル術入門」という講座の合宿の受け入れをしています。今回は「コンポストトイレづくり」。
 
PARC自由学校 http://act.parc-jp.org/s/fs/2012-19.html

トイレづくりの講師はグリーンサムパーマカルチャリスト「フィル」。

 
作るのは、全然臭わない、そして大も小も分けない。ティッシュも入れられるタイプのコンポストトイレ。
 
使う材料で新たに購入したのは、コンパネ1枚と丁番だけ。
ぶつを入れる容器はペンキ屋さんから、便座は水道屋さん、バケツの掃除に使う雨水を貯める桶は、風呂桶を再利用。もらってきたものや拾ったもので作れるのがいいね。

 
まずはペンキを入念にお掃除。まずはキレイにする。これ基本です。

設計図通りに切っていく。

みんなで工作
 

みんなでつくると細かい所、こだわるし、工夫もする
 

コンパネバージョン以外にも、お茶箱トイレも!できました
 

ステップ付きです
 

こちらはバケツに溜まったぶつを発酵させて土に還すためのストックヤード
 

1.6m四方の囲いを3つつくります。
 

柱を立てただけで空間ができる
 

隣の家との境に生えている孟宗竹を壁に
 

漁師の使うハイクレロープを井形結びでとめていく
 

2日後に屋根がついてひとまず完成。この後、水をためる風呂桶を設置予定
 
使い方やシステムの細かい説明は改めて。楽しい2日間でした〜

トージバ 神澤則生

眠くてしょうがない山田ラビ(と〜じ舎在住のネコのフルネーム)

ブータンから教えてもらったこと 〜写真スライド&お話会〜

先日、と〜じ舎に遊びに来てくれた写真家の関健作さんからブータンの話を聞いていたら、写真を観ながらお話しを聞きたくなったので、ひとりではもったいないので、みんなで観るスライドショウーを開催することになりました。

ブータンから教えてもらったこと 〜写真スライド&お話会〜

ブータン人の生活、生き方、私の3年間の活動を写真と一緒に話します。自然と共にありのままに生きているブータン人の生き方は一見遅れているように見えますが、これからよりよく生きるカギが隠されているように思います。ブータンという国を感じてみてください。

 
関健作(せきけんさく)プロフィール
順天堂大学スポーツ健康科学部卒業後、青年海外協力隊員として2007年より3年間ブータンの農村地の小中学校に体育教師といて勤務しながら体育、スポーツ事業において支援活動をする。
現地語でブータンの人々と交流し、カメラで暮らしや人々を撮影しながらカメラの魅力にはまる。
現在は写真家として日本、ブータン、チベット、インドを中心に活動中。
日本とは違う価値観をもったブータン人の生き方を知ってもらおうと写真展や講演会を開いている。

 

5月29日(火) 18:00〜 

場所:神崎町 発酵古民家「と〜じ舎」
参加費:500円食事付き お酒は別途 差し入れ歓迎! 宿泊は1000円
※電車でお越しの方は駅まで迎えに行きます。

参加希望の方は以下の情報をメールでお送りください。

———————————————————————————
・名前
・住所
・連絡先(携帯電話)
・メールアドレス
・参加人数
・アクセス方法(電車orクルマ)
・宿泊希望  希望 希望しない
———————————————————————————
申し込み・問い合わせ先
npo@toziba.net 担当:トージバ  神澤(かんざわ)0478−70−1353
 

 

と〜じ舎 5月の予定  

ようやく水温む季節がやってきましたね〜
と〜じ舎の5月の予定をお知らせします。
畑や田んぼの作業の他、大工仕事やエネルギーWSなど目白押しです。
初めての方もお気軽に参加ください。お待ちしています〜

◎炭焼ワークショップ 

5月6日(日)〜7日(月)
3月に行った炭焼の第二弾。ペール缶を使った簡単な炭焼も行います。
参加費:1000円(1日)

前回の炭焼の様子

◎田植え

5月13日(日)〜15日(火)
と〜じ舎で食べるお米の自給田んぼで田植えします。
参加費、宿泊、食事代:無料

今年は開墾して苗代もつくってます。

◎蔵解体

5月16日(水)〜17日(木)
と〜じ舎、庭にある老朽化した蔵を壊して竹の簡易倉庫をつくります。
この2日間は、ハードな土木作業になります。
参加費、宿泊、食事代:無料

蔵を壊した材木や土壁は再利用します

◎発酵プラントづくり

5月20日(日)〜21日(月)→開催日が5月22(火)〜23日(水)に変更になりました
チッパーを使って竹や木をチップにしたものを堆積して
発酵熱からお湯を取り出すシステムをつくります。
参加費:1000円
Jean Pain というフランス人が70年代に実際に作った発酵プラントの動画です。
木材をチップにして発酵熱で水を温め1年半に渡りなんと70度!のお湯が手続けるというシステムです。

◎バイオガストイレづくり

5月24日(木)〜25日(金)
糞尿を発酵させてメタンガスを取り出すシステムをつくります。
いよいよ完成です!
参加日:1000円

発酵槽を入れる穴を掘っているところ。結構な土木作業です。

場  所:トージバの古民家「と〜じ舎」千葉県香取郡神崎町

参加費用昼食代込み
※宿泊は1000円、夕朝食は1食500円 お酒は別途実費です
集  合:8:48に成田線「下総神崎駅」の電車で来てください。改札は1つです。駅までクルマで迎えに行きます。

参加希望の方は、以下のフォームをお送りください。

———————————————————————————
・参加希望イベント
・名前
・住所
・連絡先(携帯電話)
・メールアドレス
・参加動機
・アクセス方法(電車orクルマ)
・宿泊希望  希望 希望しない
———————————————————————————
申し込み・問い合わせ先
npo@toziba.net 担当:トージバ  神澤(かんざわ)0478−70−1353
このページの先頭へ